保育士面接を受けて採用に至るまでの極意とは?[Trade Change Job]
HOME>ホットトピックス>保育士面接を受けて採用に至るまでの極意とは?

自分の魅力を出す

少子化という世の中において保育士の仕事の注目度が上がっているのは、それだけ幼児期のプロセスが大切だといわれているからです。しかし、面接など受けてもなかなか受からないことも多く、競争率が上がっていることも要因といえます。欲しいと思えるような人材として採用されるには、何が必要になるのかわかっていることで仕事をすることができます。まず面接などで見られるところでは、人柄が上げられます。自分の魅力というのは自分ではわからないことも多く、面接官が聞きたいことを質問しても、間違った解釈で答える人も少なくありません。その原因としては、マニュアル化している受け答えにあります。自分らしく答えることを前提とすれば意外と上手くいくものなので、飾らないいつもの雰囲気で面接は受けることです。

熱意の伝え方

そして保育士の採用において気をつけたいのは、やはり仕事に対する熱意を伝えることです。今の若い人では、クールな対応しか出来ないという人もいますので、やはりやりたい仕事に対する熱意は合格へのステップといえます。熱意を伝える際には、順序だてて話すことがベストです。どのようなものかというと、なぜ保育士の仕事に興味を持ったのか、そしてどのようなプロセスを得て今に至るのか、などを話すことで相手にわかりやすくなります。また重要なのは、仕事を強いて何を目標とするのか、将来像を描くことで熱意が伝わりやすいです。

素直な心を持つ

面接などの場合、働く環境にあっているのかを判断されることになります。働く環境というのは、園の理念に沿った人材なのかということになりますが、自分を偽って接することは働いてから苦痛になるので、自分らしくオープンにしていくことです。保育士は子供が相手の仕事なので、新卒ならば社会経験がないのは当たり前ですから、先輩の助言を素直に聞けるかどうかもポイントになります。また経験豊富な人は過去の成果を話すことによって、採用率が高くなるといえます。

広告募集中