面接に慣れていない人でも大丈夫!逆質問に備えよう[Trade Change Job]

好印象を与えるために知っておきたい逆質問のコツ

面接の最後に面接官から逆質問がないか問われることがあると思いますが、その際にどんな質問をすると好印象を与えることができるのか、逆に悪い印象を持たれる可能性がある逆質問とはどのようなものかお伝えします。

印象の良い逆質問と印象の悪い逆質問

面接官に刺さる逆質問

具体的なエピソードを交えて社風を教えてもらったり、入社までにどんな勉強をしておくと役立つのか質問することによって面接官へ良いアピールをすることができます。

面接官に悪い印象を与える逆質問

福利厚生を教えて下さい、など企業のHPを見ればすぐわかるようなことを質問するのは悪い印象を持たれる可能性があります。また休みの日は何をしていますか?などのプライベートに関する質問も面接官にとって良い印象は与えないので注意しましょう。

男性

ポイントを知ること

面接で逆質問をする場合は、ポイントを知っておくことが大事です。逆質問によって採用の合否が分かれることもあります。適切な質問をすることで印象も良くなります。やる気があるということを示す質問もあります。例えば志望している部署の仕事内容を聞く、同年代の社員がどのような仕事をしているのかを聞くなどです。他にも、入社までに勉強が必要なことを教えてくださいなども有効な質問です。こうした質問内容によって、やる気がある人材だと印象付けることも可能となっています。

あらかじめ準備をしておく

逆質問をする場合は、あらかじめ準備をしておくことが基本です。きちんと準備をしておくことで適切な質問をすることが出来ます。こうした質問は印象を左右していくこともあります。仕事内容に関してより具体的な質問をするということも大事です。具体的な質問をすることによって、仕事に関する意気込みを感じることが出来ます。また深い質問をすれば、知識があるということや仕事に関しても理解力があるということを示すことが出来ます。能力をアピールするという意味でも面接でどのような質問をするのかはとても大事です。

初心者であれば

面接の経験があまり無いということであれば、余計な質問をしないことも大事です。逆質問をして上手く切り返せないと印象が悪くなります。事前に準備してどのような質問をするのかを考えておくとこが大切なポイントです。事前にきちんと準備をしておくことによって、切り返しなども上手く行きます。問答を想定しておくことでより柔軟な答えを返すことも出来ます。質問を通して面接官は様々なことを判断しようとしています。あくまで準備している範囲で質問はとどめておくということもポイントです。

ゆっくりとはっきり話す

面接の経験が無いと早口になったり小さな声になってしまったりすることもあります。ゆっくりと大きな声ではっきりと話すということも大事です。小さな声は消極的な人間だと判断されやすいです。面接はコツをきちんと理解しておくことで、採用率はとても高くなります。テクニックなども大切なポイントです。逆質問も聞きたいことを聞くというよりは、その質問をすることでどのような印象を与えるかで質問内容を決めることが重要となります。

広告募集中